【おすすめ】使いやすいメモ帳とは⁉最強のアイテム2選

  • 2020年4月10日
  • 2020年4月18日
  • LIFE, WORK
  • 197View
  • 0件

皆さんメモ、とっていますか?

私は書く事に苦手意識があって今まではどうしてもPCやスマホに頼ってきました。

それが今ではメモを書くという事で得られるメリットを知り、メモを書く事が毎日の習慣になっています。

私が苦手を克服できた最大の要因は、お気に入りのアイテムです

自分のお気に入りのアイテムを持っていれば愛着が生まれ自然とメモを取りたくなるのです。

この記事では実際に、何度メモを書こうと思っても挫折の連続だった私がたどり着いた使いやすいメモ帳、最強のアイテム2選をご紹介致します。

その前にまずはメモを書くことで得られるメリットから

ストレス解消になる。
アイデアがわく。
頭の回転が速くなる。
考えを言語化できるようになる。

これらはかなり即効性があり、メモを書き出してすぐに実感ができるメリットです。

さて、では早速行きましょう。

使いやすいメモ帳、最強のアイテム2選

【1】紳士なノート


私がメモ苦手を克服出来たのはこの紳士なノートのおかげなんです。

シルクのような書き心地
かっこいい
ページがフラットに開く
好みで選べる3つのタイプ
シルクのような書き心地

本当になめらかで書きやすいんです。

ちなみに私はこの書き心地の良さに感動して、38年のメモ苦手意識は消えてなくなりました。今では気づけば何かメモってます。

かっこいい

表紙がかっこいいのですよ、色の種類も3種類から選べて。

高級感があり、落ち着いた印象の見た目です。

ページがフラットとに開く

製本方法にフラットに開いて書きやすい「糸かがり綴じ」という特殊な方法が用いらています。

リングノートだと真ん中のリングが手に当たるのが気になるタイプだったので、これがまた嬉しいポイント。

好みで選べる3つのタイプ

横罫、方眼罫、無地の3タイプがあります。

用途によって好きなタイプを選べます。

ちなみに私は方眼罫と無地を使っていて、方眼を仕事用、無地をプライベート用で使い分けています。

表紙の色でどっちかすぐに分かるのも嬉しい。

【2】HINGE black


これはもうパッと気づいた時にすぐ書き出せるので、とても重宝してます。

A4のコピー用紙を使用するので、ローコストです。

AKIOBLOGさんがブログで紹介していて私も真似しています。

しなやかで軽量な素材だが、十分な硬さもあり下敷きのようにして使える。
A4のコピー用紙とペンだけあればよいのでローコスト。
余分な要素が削ぎ落とされていてシンプルな見た目はアイデアを邪魔しない。

この通りめっちゃシンプルです。

軽くてしなやか、手になじみやすい。

本当にあっけないぐらいシンプル。それが良いのですよね。

開くとこんな感じ。

めっちゃ薄いけど・・・・用紙の収納ちゃんと出来るの?

一瞬不安にかられるが

ここにたっぷり用紙を収納出来る。

A4のクリアポケットも収納出来ます。

下側に用紙をグリップして記入する使用になっている。

最初はかなりグリップが強く、用紙1枚でもしっかりグリップしてくれる。

でも1枚ずつここにセットするのではちょっと手間に感じたので、

私はここに10枚前後挟んでいる。

数日でグリップがいいかんじにやわらかく馴染んでくれて使いやすくなった。

もちろん、やわらかくなってもしっかりと用紙をグリップしてくれている。

キャップ式のボールペンをさして。

横に90°回転。

すぐにメモを書ける。

無駄がなくシンプルなデザインがいい。

機能性も高い。

閉じてもおしゃれですよね。

 

ちなみに、HINGE PROという商品もでているが、HINGE (Black)の方がいいと、AKIOBLOGさんが話していたので。

私もHINGE (Black)を使っている。

ハイテックポイントV5グリップ 黒 LHGN20V5B

何気にこのボールペンが最高だったのでこれもパシャリ。

非常に書きやすく、値段もお手頃、高級感がある。

このHINGE (Black)にぴったり。

たまたま本屋さんの文房具コーナーで見つけたのだけど、すごいおすすめ。

まとめ

ストレス解消になる。
アイデアがわく。
頭の回転が速くなる。
考えを言語化できるようになる。

使いやすいメモ帳、最強のアイテム2選

【1】紳士なノート

【2】HINGE (Black)

【おまけ】ハイテックポイントV5グリップ 黒 LHGN20V5B

ちなみに私は朝起きてすぐにHINGE (Black)でメモを書きます。

朝は余計な情報が脳に入っていない、一日の中で一番クリーンな時間です。

書く事は決まっていなくても気にしません。

書き始めると、書く事が勝手に出てきます。

 

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

本を読んだり、テレビを観たり、普通に生活をしているだけで、必要な事も必要でない事も脳は膨大な情報をインプットしています。

インプットばかりでは無く、アウトプットもしなくてはバランスが悪いですから。

アウトプットの手段は話すこと、書くこと。

話すことは相手がいないと中々できませんが、書くことはいつでも、どこでも一人で出来ます。

お気に入りのアイテムだけあれば。

それでは皆さん、素敵なメモライフを!

最新情報をチェックしよう!