iMac (27-inch, Late 2013)メモリ増設したら・・・

  • 2020年4月16日
  • 2020年4月18日
  • BLOG, LIFE
  • 218View
  • 0件

皆さんパソコンは快適に動いていますか?

私はMacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2012)を使用しています。

飲食業でサービスをやっている人間なので、動画編集やあまり重たい作業は行いません。

メールの返信や簡単な書類の作成程度なので、問題無くサクサク動いています。

 

しかし、ここ数ヶ月の間で手探りでブログを始めたり(しかもワードプレスで始めちゃってもう頭から煙でそうです・・・。)

YouTubeをみていたら動画編集がやりたくなってiMovieをいじりだしたり、

そうすると作業環境にちょっとこだわりたくなってしまい、

ディスプレイを探し始めるのですが・・・

・・・・

あれ?

iMacあるじゃん

 

YouTubeとHuluの為だけのモニターと化していたiMacが部屋の隅にあるのに気がついたのです。

 

ディスプレイ買わなくても、MacBookとiMacのダブルでいけばとても調子いいのではないだろうか。

 

そう思い、YouTubeとHuluのモニターと化していたiMac (27-inch, Late 2013)を作業デスクに設置し、メモを確認しようとEvernoteを立ち上げようとすると・・・

 

iMacが重たい・・・

 

くるくる・・・・

 

あれ・・・、

 

くるくる・・・・

 

なんか凄い重たいのです・・・・型番が古いのが原因なのだろうか・・・・

 

解決策をネットで検索するとそれらしき記事が!!

 

原因はメモリ不足!?

 

メモリの容量が問題っぽい・・・

 

メモリとはパソコンの内容を記憶する装置の事・・・

 

なんのこっちゃわかりません・・・・

 

しかしこのメモリの容量が少ないと、複数のアプリケーションを同時に開いた時に動作が遅くなるらしい・・・・

 

きっとこれだ!?

 

メモリ不足だ!!

 

何故かそう確信した私は自分のiMacのメモリ容量を調べる。

ほう、8 GB。これはちょっと少ないらしく、どうしたものか・・・・

 

またネットで調べると、見つけました。

メモリ増設の方法!!

これをiMacの裏っかわに設置すればメモリが増えるとの事!!

 

PC音痴の私にはかなりハードルが高く感じましたが、夢の快適作業環境の為、思い切ってAmazonにて購入。

8 GBのメモリを2枚購入。

 

早速翌日届いたのでいざ増設!!

 

iMacの電源を外し

 

裏のカバーをとり、

 

購入したメモリを開封して

 

メモリを挿入・・・の前に、なんかこのメモリ、開封してもシールが貼ってあるなぁ・・・

 

知らぬは罪

 

何だろうこのバーコードみたいなシール。剥がそう!

 

そして最初の1枚目のメモリのシールを剥がして、挿入。

 

そこで、、、すでに挿入されていた2枚のメモリには同様のシールが貼ったまま設置されている事に気づく。

 

・・・あ、やばいかな・・・・はがしちゃった・・・いや大丈夫だろう。

 

と、自分に言い聞かせ、2枚目のメモリは勿論シールを剥がさずに挿入。

 

カバーをして、電源をいれる・・・・

 

入らない・・・・・

 

もう一度電源ボタンを押す・・・

 

うんともすんともいわない・・・・

 

まさか、、、壊れた・・・・??

 

しばらく途方にくれていると。

画面がついていないにも関わらずiMacから突然の音・・・

 

ブーッ!ブーッ!ブーッ!

 

ブーッ!ブーッ!ブーッ!

 

いやいやいや・・・本当に勘弁してくれ・・・

 

何事かと思ったが、とりあえず電源を抜き

 

先程の裏のカバーを外し、シールを剥がしてしまったメモリを抜く。

 

そして、再度電源オン!

 

すると、

 

ジャーン!!

 

あぁいつもの音。

 

そうです、Macの立ち上がる時のあの音です。

 

良かった。諦めかけたけどやっぱりシール剥がしちゃだめだったんだ。

 

これ本当に剥がしちゃ駄目って書いといて欲しい・・・

剥がしちゃった人、絶対他にもいると思う。

 

早速メモリの容量を確認すると16 GBになっている。

おー!!ちゃんと増えてる。

 

もうこれで終えようと思ったのですが、やはり諦めきれず。

 

剥がしたシールをメモリに貼り直し、再度装着。

 

電源オン。

 

ブーッ!ブーッ!ブーッ!

 

ブーッ!ブーッ!ブーッ!

 

うわー・・ごめんなさい!!

 

やはり一度剥がしてしまうともうだめなのでしょうか。

 

再度そのメモリは取り外し、

 

無事にiMacは起動しました。

 

遂に訪れた快適な作業環境

 

その語、やはりメモリが8GBから16 GBに増えたからか複数のアプリを同時に立ち上げても、サクサク動きます。勿論Evernoteも全く問題なく立ち上がり非常に快適。

 

後で調べるとFinder→アプリケーション→ユーティリティ→アクティビティモニタ

で使用済みのメモリを調べられるのですね。

 

調べてみると平常運転で8 GBを超えている事が判明。なるほど、これじゃそもそも容量が8 GBでは重たくなる筈。

 

いやーでも壊れなくてよかった。

 

皆さん、もしメモリを増設されるならば、絶対にシールは剥がさないで下さいね。

 

シリコンパワー ノートPC用メモリ 1.35V (低電圧) DDR3L 1600 PC3L-12800 8GB×1枚 204Pin Mac 対応 永久保証 SP008GLSTU160N02

 

iMac (27-inch, Late 2013)への増設の場合は、 1.35V (低電圧)が良いとの事です。

 

それではここまで読んで頂き、ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!