批判を受けた時の対処法

  • 2019年6月12日
  • 2020年5月26日
  • Philosophy
  • 128View
  • 0件

こんにちは、キャップです。

皆さんは批判を受けて、気持ちが不安定になったことはありませんか?

僕は良くあります。

でも、他人からの批判に一喜一憂していたら思うように自分の人生を謳歌出来ませんよね。

他人の批判を気にしすぎるとこんなデメリットが・・・

他人の評価にとらわれると以下のデメリットがあります。

  • 目標を見失う
  • 自信を失う
  • 怒りにとらわれる

自分が立てた目標があるとします。

その目標に向かって行動している時に、

批判を受けるとどうでしょう。

「あなたには無理だよ」

「あなたは間違ってる」

こんな事言われて、

やっぱり無理かもしれない・・・

僕は間違っているのか・・・・

こんなふうに落ち込んだという経験、

誰にでもあるのでは無いでしょうか、

でも他人に批判される度に

自分の目標を見失っていては

いつまでたっても目標は実現しませんよね。

批判を受けた時の対処法

ではこんな時、どう対処すれば良いのでしょうか。

その批判が主観的か、客観的かをジャッジする事です。

相手の主観で批判をされた場合、その批判は全く気にする必要がありません。

そもそも考え方が違うのは当たり前なので、

主観的な批判を受けた時は、

言い返したり、反論するのはエネルギーの無駄です。

この人と自分は考え方が違うのだと潔く切り捨てましょう。

その批判が客観的だった場合、

客観的な立場からの意見や批判の場合、

それは自分にとってプラスになる可能性があるので、

むしろラッキーです。

客観的な批判だった場合は、

信憑性があると感じた部分は、

自分のレベルアップの為に

受け取れば良いのです。

主観と客観が入り混じっていることもあります。

そういう時は自分で振り分けて、

主観的な批判は切り捨てる

客観的な批判は自分の肥やしにします。

でも客観的な批判だとしても批判は批判

受け入れるのは難しいと感じる人もいるかもしれません。

でも大丈夫です。

受け入れるというより。

利用するという感覚で良いのです。

この人のこの意見はいらないから切り捨てよう

でもこの意見は自分の為に利用しようという感じです。

それでも批判に心が占拠された時は?

批判を受けると

一時的にその事で頭がいっぱいになる事もあります。

誰だってそうです。

でも肝心なのは

そこで冷静になる事。

主導権を批判に乗っ取られるのでは無く、

主導権は自分で握り、

自分の為に利用できる意見かどうかをジャッジして、

切り捨てるか、利用するかすれば良いのです。

批判に対して、怒りや悔しさを感じた時は?

しかしそれでも

批判に対し、怒りの感情が出てくる事があります。

今に見てろと前身する為のエネルギーに変換出来ると良いですが、

直接攻撃しようとか、復讐しようとかを考えてしまっている時は、

一度こう考えてみて下さい。

人間にとってもっとも大切なもの

それは時間だといわれています。

あなたの時間は有限です。

あなたのエネルギーも有限です。

限られた時間の中で

限られたエネルギーをどう使うか

それはあなたが選択すればいい。

その上で考えてみましょう。

復讐のコスについて

あなたの大切な時間エネルギー

捧げるにふさわしいでしょうか。

ふさわしい筈がありません。

あなたの時間

あなたのエネルギー

あなたの成功の為だけに使うべきです。

一時的な感情に流され、

大切な時間エネルギーを浪費するのはやめるべきです。

自分の幸せの為に自分の人生を生きましょう。

 

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!