MONTH

2019年6月

  • 2019年6月17日
  • 2020年4月18日

PDCAよりシンプルで実用的な〇〇〇〇!!

皆さんこんにちは キャップです。 皆さんは「PDCA」というものをご存知でしょうか。 「PDCA」とは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(評価)、Act(改善) の頭文字をとったもので、これを繰り返す事により 目標達成に近づくためのツールです。 「PDCA」は実践するのが難しい 僕も数年前 […]

  • 2019年6月12日
  • 2020年5月26日

批判を受けた時の対処法

こんにちは、キャップです。 皆さんは批判を受けて、気持ちが不安定になったことはありませんか? 僕は良くあります。 でも、他人からの批判に一喜一憂していたら思うように自分の人生を謳歌出来ませんよね。 他人の批判を気にしすぎるとこんなデメリットが・・・ 他人の評価にとらわれると以下のデメリットがあります […]

  • 2019年6月10日

大動脈弁狭窄⑤手に入れた幸せと失った宝物。

皆さんこんにちは キャップです。 回想シーンパート⑤です。 めでたく退院 この時の僕にとっては入院生活が日常で、 外での生活は非日常であり、キラキラ光る憧れの世界でした。 そして、憧れの世界で不自由なく過ごす人たちは とても恵まれていて幸福な人たちだと思っていました。 そしていよいよ退院します。 退 […]

  • 2019年6月9日
  • 2019年6月26日

大動脈弁狭窄④心と身体のバランス

皆さんこんにちは キャップです。 回想シーン④でございます。 心は元気で健全 パート②で覚悟を パート③で気付きを ここまでで自分の中に2度の意識革命を起こした僕は 大分心元気です。 でも身体はまだまだ回復してないし、入院の日々は続きます。 騒がしい患者 この頃から ある行動が目立ち始めます。 看護 […]

  • 2019年6月9日
  • 2019年6月26日

大動脈弁狭窄③どうして僕だけ辛いの??

こんにちは、キャップです。 回想シーンパート③です。 さて、恐怖のルーティーンを自らの覚悟で乗り越えた当時の僕は 再び訪れる困難 再び深い闇に入ります。 どうして僕だけ辛いの?? 僕が何か悪い事をしたの?? 不自由無く幼稚園に通っている皆がずるい 不公平だ 口には出さなかったけど、 そんな事を考える […]

  • 2019年6月9日
  • 2019年6月26日

大動脈弁狭窄② 覚悟を決めた夜。

こんにちは、キャップです。 回想シーンパート②です。 毎日の恐怖のルーティーン 手術を終え、当時5才の僕は毎日の検査が怖かった。 毎日の注射、何だかわからなかったが管の差し替え、点滴も痛かったなぁ(泣) この毎日のルーティーンが当時の僕には怖く、 今日頑張ればきっと明日は無い! でも、翌日になると変 […]

  • 2019年6月8日
  • 2019年6月9日

大動脈弁狭窄① 初めての手術を終えて5才の僕は??

皆さんこんにちは キャップです。 今日は少し記憶をさかのぼってみたいと想います。 どこまでさかのぼるかというと、 さかのぼれるだけ行きます笑 1987年までさかのぼりました笑 僕は5才ですね。 一番古い記憶 病院で目を覚をさますと。 そこには両親と看護婦が横たわっている僕を覗いています。 何だか身体 […]

  • 2019年6月8日
  • 2020年3月28日

意志が弱い人必見!!足りないのは意志の力では無く◯◯だけだった。

皆さんこんにちは キャップです。 皆さんは意志が強いでしょうか。それとも弱いでしょうか。 ちなみに僕は熱しやすく冷めやすい、とにかく決意した事が続きません・・・ というか決意はするのですが、行動せずに終わる事が多々あります笑 そして燃え上がって決意した時の感情まで、すっかりなくなってしまってることが […]

  • 2019年6月6日
  • 2020年4月15日

話す事に疲れてしまった時の対処法

皆さんこんにちは、キャップです。 仕事で色々なお店に行き、スタッフさんからこんな相談をされる事が良くあります。 「あの人にはもう何回言っても伝わらない」 「あと何回言えば良いのか」 「だからもう何も伝えなたくない」 いやー負のスパイラル入ってますねー笑 でも考えてみれば、僕もこんな事を考えた事あった […]

  • 2019年6月5日
  • 2019年6月5日

チームワークの本質は??

皆さんこんにちは。 キャップです。 長く飲食店で働いていると、チームワークの重要性を身にしみて感じます。 特に新店舗の立ち上げは最初はそれこそ準備やら予想外のトラブルにてんやわんやになります。 でも、心身ともに疲れこそすれ、お店の雰囲気は良い事が多いです。 というかそんな事考える余裕がないのですよね […]